カート
ユーザー
絞り込む
ブランドで探す
カテゴリーで探す
content
2018/02/27(Tue.)

香港貿易発展局の主催イベントにお招きいただきました!

日本にいながら、世界中のペットグッズ情報が手に入る時代。
だけど、現地に足を運んで五感を働かせてみれば、思いがけない出会いが待っているものです。

そんな出会いを求めて、世界中を巡るコチラの特集。
1月初旬、3泊4日で香港を訪れました!
香港会議展覧中心
▲素晴らしい景観を楽しめる港沿いのロケーションにある「香港会議展覧中心」

【 香港のランドマーク・香港会議展覧中心 】

昨年11月にも、中国・上海を訪れた私たち一行。
今回イベントを主催する香港貿易発展局様のご招待で、香港までやって来ました。
世界中を飛び回っている社長自身も初・香港です。

香港は旧イギリス領として経済発展を遂げたのち、東京やシンガポールと並ぶアジアの金融センターという地位を確立してきました。
それだけに、街並みはとても近代的!
シンフォニー・オブ・ライツ
▲ 香港の夜景をより一層華やかにする「シンフォニー・オブ・ライツ」

【 ギネス記録に認定されている光と音のショー!シンフォニー・オブ・ライツ 】

滞在期間中はあいにくの天気でしたが、香港の夜景を楽しむことはできました。
100万ドルの夜景を豪華に彩るのは、ギネス世界記録にも認定されている「シンフォニー・オブ・ライツ」。

毎晩午後8時からの13分間、ビクトリアハーバー沿岸のオフィスビルや主要建物に設置されたサーチライトを使ったショーを繰り広げ、たくさんの人々を感動させています。
香港会議展覧中心
▲「香港会議展覧中心」はイベントや会議、コンサートなどに利用できる計91,500m2のレンタルスペースを有している

【 海外アーティストのコンサートにも使用される会場 】

さて、そんな香港の街のなかで一際目を引く斬新なデザインをした建物が、今回のイベント会場ともなる「香港会議展覧中心」(以下、HKCEC)。
複合タイプの会議展覧施設としてはアジア2番目の規模を誇るHKCECは、歩いて回るだけでもクタクタ。

いくつものフロアに分かれて文具、ベビー用品、玩具&ゲームのフェア、ライセンシングショーが開催されていました。
ドローン
▲ プライベートからビジネスへと活用の幅が広がる、ドローン市場

【 世界規模で急成長が期待されるドローン市場 】

出展企業は中国国内の企業を中心に2,100社。来場者はバイヤーだけでも4.6万人に及びます。
なかでも、玩具&ゲームフェアで目立ったのは、ドローンの多さ。
さすがに注目市場ですね!数百社ほどが出展していたのではないでしょうか。
そのほかにも、ベビー用品フェアではベビーカーがたくさん!
当社オリジナルのペットカート開発のヒントになりそうなアイデアも得ることができました。
香港の街
▲ 街中に突如としてあらわれた卓球台は、唯一“中国らしい”風景

【 フリーポートである香港の過去・現在・未来 】

関税のかからない自由貿易港である香港は、国際色豊か。

それでも、主権移譲後の本土からの影響は少なくないのかもしれません。
“中国の勢い”を再確認し、その動向から目が離せないと感じる旅となりました。

ご招待いただいた香港貿易発展局様、改めてありがとうございました。

さて、今旅は短編になりましたが、私たちの旅は続いていきます。
次の旅先でお会いしましょう。

PAGE TOP