カート
ユーザー
絞り込む
ブランドで探す
カテゴリーで探す
content
2018/04/11(Wed.)

「チキンVSビーフ」 ワンちゃんはどちらのオヤツが好き?

チキンVSビーフ

《 無添加ササミジャーキー 》

タイトルからは、鶏と牛が闘うお話の様ですが、今回はオヤツのお話です(^_^)

先々代のヨーキーの頃には、病気については比較的詳しく書かれた本を持っていましたが、ペットのオヤツ類は殆ど無かったと思います。
昔の事なので、今のように海外の良質なフードもなく、フードやオヤツの知識は私自身全くありませんでした。

先代のパピヨンの時に、ネットの普及と共にフードやオヤツ、更に病気についても色々な情報を知る事ができました。

そして、日本と言う国自体が、ペットに関するあらゆる面で、その先進国から立ち遅れていると言う事実も・・・。

私自身、添加物の怖さを知っていましたので、先代のパピヨンの時には特にフードやオヤツの原材料も気にしていました。

先代のパピヨンの子のオヤツは、最終的に無添加ササミ(そのまんま)ジャーキーにたどり着きました。

小型犬に、ささみのそのまま姿を与えるのは大きいので、喉に詰まらせ無いように調理バサミで必死で一口大に切っていました。
毎回、手が痛くなるほど固い物もありましたが、喜んで楽しみに待ってくれていたので苦になりませんでした。

《 オヤツのジャーキーの実験 》

ここからが本題ですが・・・

我社のペット&フード博士イノヨシ氏から、ビーフジャーキーをサンプルで頂きました。

ビーフは嗜好性が高いと、イノヨシ氏から聞いていましたので
うちの子がササミジャーキーとビーフジャーキーのどちらを好むのか実験をしてみました。

ササミジャーキーとビーフジャーキーを一口大に切りミックスしてあげたらどうなるか・・・。

もともと、嗜好性が強い子なので、結果的には余り驚きはしなかったのでが・・・。
チキンとビーフジャーキーをミックスした写真
オヤツを前におあずけで待機しているパピヨン

《 オヤツのニューフェイス、ビーフジャーキー! 》

調理バサミで必死で一口大に切っていたササミジャーキーより、簡単に手で裂けてしまうビーフージャーキーだけよって食べて、ササミジャーキーだけ残してました(^_^;)

飼主の苦労、子知らずって当てはまりますね・・・(笑)
結果的には喜んで食べてくれれば構わないのですが(^_^)
食べていいよの合図でオヤツへ一目散のパピヨン

《 最強ビーフジャーキー! 》

長い前振りになりましたが、結論は、実験結果からビーフジャーキーは、かなり魅力的な最強のオヤツだと言えます!

薄いものだと手で簡単に裂けますので与えやすく、食欲が落ちた時にも、ビーフジャーキーだとパクっと食べてくれるかもれません(^_^)

by OFTスタッフ「あーちゃん」

PAGE TOP