カート
ユーザー
絞り込む
ブランドで探す
カテゴリーで探す
content
2018/04/17(Tue.)

ネコに与える水(vol.1)

水を飲む猫

【ネコちゃんが飲む水】

ネコちゃんに与える飲み水を、ちゃんと選んでいますか?
結石症などが多いネコちゃんに対して、普段から水分を少しでも多く摂らせることで、尿の量を増やし、濃度を薄め、結石につながらないようにと気を使っている飼い主の方は多いと思います。

その飲み水については、今は種類も増え、購入する時代、そして選ぶ時代となりましたので、せめて代表的な飲み水について、中身の違いを知っておくことが、ネコちゃんの飼い主様にとって必要な時代となってきました。

【一般的な飲用としての水の種類】

現在、私たちが飲用水として一般的に利用している水には、次のようなものがあります。

●水道水
●ミネラルウォーター(厳密には水道水もミネラルウォーター)
●純水・・・逆浸透膜水(RO水)など

【地域により質の違う水道水】

水道水は、河川や地下水の水を利用し、ろ過や塩素処理などをすることによって飲用できるようにした水です。汚染の無い地域と、汚染から免れることのできない都市部とでは、水質はまったく違うというのが常識となっています。
そのため、特に汚染度の高い都市部にお住いの方は、人やペットの健康を考え、浄水器などを設置されている方が増えています。
水のクラウン

【購入する飲み水の代表、ミネラルウォーター】

ミネラルウォーターをネコちゃんに与える場合は、その水が軟水なのか硬水なのかを確かめなければいけません。ミネラルウォーターは、その水に含まれているマグネシウムとカリウムの含有量によって軟水か硬水かに分類されます。
ミネラルの過剰摂取が尿結石などの病気につながるネコちゃんの場合、それらを確認してから、継続的に与えるようにしましょう。
水道水もミネラルウォーターの一部と書きましたが、日本の水のほとんどは軟水のため、水道水をお与えの場合は、その点あまり気にする必要はありません。
ペットボトルに入った水

【スーパーで手に入る無料のサービス水】

最後に純水ですが、ペットボトルを購入して水を持って帰ることのできる、スーパーなどに設置されている無料給水サービスの水が純水です。

この水は、水道水などから、逆浸透膜と呼ばれる膜を通して、水に交じっているほとんどの不純物を取り除いた水で、ウィルスや細菌だけでなく、ミネラルなども除去されています。
ネコちゃんにとって、不要なミネラルを取り込む必要もなく、菌やウィルスもいない安全な水なのですが、継続的に飲み水として利用すべきではない水だと言われています。

ネコちゃんには、一般的な日本の軟水でミネラル分が少なめなものが適しています。

単純に飲み水だけを見ても、今は、これら以上の水の種類が存在します。
さらにペット用のミネラルウォーターにも、いくつかのタイプのものが販売されていますので、次回はさらにその中身にせまってみましょう。

筆者:イノヨシ

PAGE TOP